ホーム > 愛犬ブログ > スタッフの日記 > シリアスブリーダーとパピーミル
愛犬ブログ

シリアスブリーダーとパピーミル

わんちゃんを飼おうとして、まずペットショップに行くことが多いと思います。ペットショップに行くと、たくさんのケージの中に多くの犬種の子犬がいて見比べることができます。

ペットショップにいる子犬は、基本的にブリーダーと呼ばれる繁殖業者の元で生まれていることを知っている人は多いと思います。でも、ブリーダーが大きく二つのタイプに分かれていることを知っている人は少ないかも知れません。

一つ目のタイプは、シリアスブリーダーと呼ばれていて犬が好きでブリーダーをしている人達です。特定の犬種に惚れこみ、その犬種の良さを多くの人に知って欲しくてブリードしているので、扱う犬種も一種類が多く流行に左右されないで良い血統を残そうとしています。

そのため、犬の飼育環境や健康管理にも注意して、繁殖の最にも犬の血統を重視しています。なによりも犬が好きでブリーダーをしているので、生まれた子犬がどのようなオーナーに育てられるのかも気にして、どんな人が買って行くのか分からないペットショップには卸さないブリーダーもいます。

もう一つのタイプは、パピーミルと呼ばれるブリーダーでペットをビジネスとして考えています。子犬は、ビジネスのための商品という考えたかをしているので、なるべくコストを掛けずに繁殖させ、売れ残らないように流行の犬種を集めています。

パピーミルは、別名「子犬工場」とも呼ばれています。生き物である犬を「製品」と考えることに違和感や嫌悪感を覚えるかもしれません。でも、パピーミルで生まれた子犬の殆どはペットショップに卸されているのが現実のようです。

もちろん、パピーミルにも規模の大小があり全てのパピーミルが犬を「製品」と考えている訳ではないと思いますが、中には劣悪な環境で子犬を産ませるための道具のように扱われている親犬もいるようです。そういう環境で生まれた子犬の中には、遺伝的な疾患を持っていたり、健康状態が良くない場合もあるようです。

これから犬を飼おうと思っている方は、ブリーダーにも二種類あることを知って頂き、子犬を選ぶときの参考にして頂きたいと思います。

もしも、ペットショップで選ばれたわんちゃんが、どちらのタイプのブリーダー経由か分からなくて健康状態に不安を感じる飼い主の方がいらっしゃいましたら、おしっこから簡単に健康チェックできるピーチェックで健康診断されることをお勧めします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inu-kenkou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/60

PAGE TOP