ホーム > 愛犬ブログ > スタッフの日記 > 犬の病気「嘔吐」
愛犬ブログ

犬の病気「嘔吐」

我が家のわんこも年を取ってきたためか、以前のような元気さが無くなってきています。また、若いころから吐くことはありましたが、近頃はよく吐くようになりました。

「吐く」と一口に言っても調べてみると「吐き出し」と「嘔吐」は別のことのようです。吐いたものが「消化されていない」場合が「吐き出し」で「消化されている(消化が始まっている)」場合が「嘔吐」と区別されるようで、それぞれ原因が異なるようです。

「吐き出し」の場合は食道のトラブルが多く、「嘔吐」は胃腸にトラブルが多いそうです。

また、「吐く」という行為自体は、体を正常に保つための生理現象として普通のことのようです。家のわんこの場合は「嘔吐」でしたが、何度も繰り返す訳でもなく、毎日のことでもありませんでした。また、吐いた後はケロッとしているので心配ないのかなとも思っていたのですが、最近は日頃から元気がないので心配になり獣医さんに行きました。

どうやら元気がないのは「老化現象」のようでした。もうすぐ7歳なのですが、まだ「老犬」には早いように思いますが、犬種の特性なのか個体差なのか分かりませんが、「老化」が原因のようす。

「老化」は避けられないので仕方ありませんが、若いわんこで吐くなどの症状があるのであれば、ピーチェックで手軽に健康診断してみては如何でしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inu-kenkou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/62

PAGE TOP