ホーム > 愛犬ブログ > スタッフの日記

スタッフの日記

「ペット動物流通販売実態調査」から見えてくるもの(2)

全開のエントリーで環境省の「ペット動物流通販売実態調査」(平成15年3月)によると、生産者(ブリーダー)段階で約10%、ペットショップで約22%の子犬が飼育者レベルに達していないことをお伝えしました。

では、生産者から直接入手した子犬であれば健康だと言えるでしょうか。

一口に生産者と言っても形態は様々です。図を見て頂ければ分かりますが、「専業繁殖者」「ブリーダー」「ペットショップ経営兼繁殖者」「趣味的繁殖者」「一般購入繁殖者」などに分かれています(図)。

report_1.jpg

一般的にシリアスブリーダーと呼ばれている優良な業者は、この図の「ブリーダー」のことを指していると思われますが、その割合は10~20%(頭数ベース)です。前回のエントリーで生産頭数は97,800頭でしたから、「ブリーダー」が提供しているのは多くて19,560頭となります。

一方、生産者から直接、ペット飼育者に行った頭数は前回のエントリーから34,800頭ですから約15,000頭は、シリアスブリーダー以外の生産者から直接入手したことになります。

また、「ブリーダー」の全てが「シリアスブリーダー」ではないことを併せ考えると、更に少ないことが安易に予想されます。

report_2.jpg

「シリアスブリーダー」であれば、子犬の血統や健康は良好であると考えて良いと思いますが、一つ注意すべき点もあります。犬・猫の取扱業者の殆どが、個人経営であるということです(図)。そのため経済的な基盤が弱く子犬に対する保証が十分でなかったり、アフターサービスにまで手が回らないことが多いようです。

わんちゃんの健康に不安がある方は、おしっこで簡単に健康診断できる「ピーチェック」をお勧めします。

「ペット動物流通販売実態調査」から見えてくるもの(1)

わんこの流通について少し古いのですが環境省が行った「ペット動物流通販売実態調査」(平成15年3月)によると、わんこの流通は次のようになっています(図参照)。

1)生産者 ⇒ 卸売またはせり(一部は海外) ⇒ 小売店(ペットショップ) ⇒ ペット飼育者

2)生産者 ⇒ 小売店 ⇒ ペット飼育者

3)生産者 ⇒ ペット飼育者

flow.jpg

ペット飼育者の手に渡るまで大きく分けると生産者から中間業者を経由する場合と生産者から直接、飼育者に行く場合の二通りあります。

流通経路に乗った頭数を見てみると数字が合わないことが分かります。

生産された97,800頭のうち生産者から出荷されたのは88,870頭ですから、8,930頭が生産者の元に残されています。一部は繁殖用に生産者の手元に残されているのでしょうが、この調査によると病死のようです。

僕の実家では雌犬を飼っていましたが、生まれて直ぐに死んだ子犬はいませんでした。我が家はブリーダーではありませんから、繁殖に関しては素人です。それでも毎回5匹程度の子犬は無事に産まれて里子に出されて行きました。

繁殖を専門にしている生産者で1割が死んでしまうことには何らかの原因がありそうです。

同じように計算すると、卸売で440頭、小売では何と11,830頭(約22%)が売れ残っている計算になります。卸売や小売業者が繁殖用に残すことは考えられないので、これらのペットは病気等で亡くなったか、何らかの手段で処分されたことになります。

ここではペット産業の是非を問うつもりはなく、相当数が病気等で亡くなっている可能性を指摘したいと思います。

インターネットで子犬関連の情報を見ると生産者や卸売業者は、売れ残った子犬を「たとえタダでも引き取りたくない」と思っているそうです。それは、劣悪な環境で繁殖された子犬もいるし、また病気予防の対応がブリーダーによって異なるため、一度そのような子犬と接触した子犬は感染症の可能性があるので持ち帰れないそうです。

そう考えるとペットショップで11,830頭が飼育者レベルにまで達しない理由も想像が付きます。ペットショップ経由でペットを購入するには、かなり注意しないと健康なペットを飼えないと言えるかもしれません。

わんちゃんの健康に不安がある方は、おしっこで簡単に健康診断できる「ピーチェック」をお勧めします。

ユニークなコンテスト「Sonoma-Marin County Fair World's Ugliest Dog Contest」

僕もそうですが飼い主さんは、自分のわんこを世界一可愛いと思っていると思います。フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」の「今日のわんこ」という人気コーナーを出勤前に毎日見ています。毎日、可愛いわんこが出ていますが、親バカ丸出しですが我が家のわんこの方が絶対に可愛いと思っています。

可愛いわんこのコンテストは多くあると思いますが、世の中には変わったコンテストもあります。「Sonoma-Marin County Fair World's Ugliest Dog Contest」がそれです。

米国のソノマ郡とマリン郡が共同で行っているフェアで、「世界一醜い犬コンテスト」というものです。こういうコンテストに愛犬を出す飼い主さんの心理は分かりかねますが、ユーモア好きな米国人らしいコンテストなのかも知れません。

このコンテストで、三年連続で優勝したのが、チャイニーズ・クレステッドのSam君です。飼い主の方には悪いのですが、さすがに三年連続優勝しただけあってユニークなわんちゃんです(興味のある方は、こちら )。残念ながら、三年連続優勝の後に亡くなってしまったようです。

2000年から始まったこのコンテストの歴代優勝犬は、こちらにありますが、チャイニーズ・クレステッドが多いです。この犬種は全身の毛が殆どない珍しいわんちゃんですが、寒さや暑さに弱く遺伝的に弱いようです。

遺伝的な要因からがんになることもあるようですから、ピーチェックで手軽にがん検診をしてみては如何でしょう。

犬の病気「嘔吐」

我が家のわんこも年を取ってきたためか、以前のような元気さが無くなってきています。また、若いころから吐くことはありましたが、近頃はよく吐くようになりました。

「吐く」と一口に言っても調べてみると「吐き出し」と「嘔吐」は別のことのようです。吐いたものが「消化されていない」場合が「吐き出し」で「消化されている(消化が始まっている)」場合が「嘔吐」と区別されるようで、それぞれ原因が異なるようです。

「吐き出し」の場合は食道のトラブルが多く、「嘔吐」は胃腸にトラブルが多いそうです。

また、「吐く」という行為自体は、体を正常に保つための生理現象として普通のことのようです。家のわんこの場合は「嘔吐」でしたが、何度も繰り返す訳でもなく、毎日のことでもありませんでした。また、吐いた後はケロッとしているので心配ないのかなとも思っていたのですが、最近は日頃から元気がないので心配になり獣医さんに行きました。

どうやら元気がないのは「老化現象」のようでした。もうすぐ7歳なのですが、まだ「老犬」には早いように思いますが、犬種の特性なのか個体差なのか分かりませんが、「老化」が原因のようす。

「老化」は避けられないので仕方ありませんが、若いわんこで吐くなどの症状があるのであれば、ピーチェックで手軽に健康診断してみては如何でしょうか。

ギネスに認定された大きな犬

世界一大きな犬としてギネスブックに公認されたのがグレートデンのGeorge(ジョージ)です。(写真は、この記事から⇒ http://bit.ly/H2OPAf )。

big_0.jpgのサムネール画像

鼻先から尻尾まで2.1メートル、体重は111キロあり、米アリゾナ州に住む夫妻が飼っているそうです。写真をみると何か合成っぽいですけど、ギネスブックが認定したのですから本物なんでしょう。

ネットを探すと大きな犬の写真が見つかります(写真は、このサイトから⇒ http://bit.ly/H2mq9m )。

big_1.jpg

big_2.jpg

big_3.jpg

big_4.jpg

big_5.jpg

これらも本物かどうか分かりませんが、犬って大きくなるものなんですね。

シリアスブリーダーとパピーミル

わんちゃんを飼おうとして、まずペットショップに行くことが多いと思います。ペットショップに行くと、たくさんのケージの中に多くの犬種の子犬がいて見比べることができます。

ペットショップにいる子犬は、基本的にブリーダーと呼ばれる繁殖業者の元で生まれていることを知っている人は多いと思います。でも、ブリーダーが大きく二つのタイプに分かれていることを知っている人は少ないかも知れません。

一つ目のタイプは、シリアスブリーダーと呼ばれていて犬が好きでブリーダーをしている人達です。特定の犬種に惚れこみ、その犬種の良さを多くの人に知って欲しくてブリードしているので、扱う犬種も一種類が多く流行に左右されないで良い血統を残そうとしています。

そのため、犬の飼育環境や健康管理にも注意して、繁殖の最にも犬の血統を重視しています。なによりも犬が好きでブリーダーをしているので、生まれた子犬がどのようなオーナーに育てられるのかも気にして、どんな人が買って行くのか分からないペットショップには卸さないブリーダーもいます。

もう一つのタイプは、パピーミルと呼ばれるブリーダーでペットをビジネスとして考えています。子犬は、ビジネスのための商品という考えたかをしているので、なるべくコストを掛けずに繁殖させ、売れ残らないように流行の犬種を集めています。

パピーミルは、別名「子犬工場」とも呼ばれています。生き物である犬を「製品」と考えることに違和感や嫌悪感を覚えるかもしれません。でも、パピーミルで生まれた子犬の殆どはペットショップに卸されているのが現実のようです。

もちろん、パピーミルにも規模の大小があり全てのパピーミルが犬を「製品」と考えている訳ではないと思いますが、中には劣悪な環境で子犬を産ませるための道具のように扱われている親犬もいるようです。そういう環境で生まれた子犬の中には、遺伝的な疾患を持っていたり、健康状態が良くない場合もあるようです。

これから犬を飼おうと思っている方は、ブリーダーにも二種類あることを知って頂き、子犬を選ぶときの参考にして頂きたいと思います。

もしも、ペットショップで選ばれたわんちゃんが、どちらのタイプのブリーダー経由か分からなくて健康状態に不安を感じる飼い主の方がいらっしゃいましたら、おしっこから簡単に健康チェックできるピーチェックで健康診断されることをお勧めします。

家族でワンちゃんと遊べる「成田ゆめ牧場」

「成田ゆめ牧場」をご存知ですか? 千葉県にある家族で楽しめるテーマパークで「牧場」とうたうだけあって「日本一オイシイ乳製品」が作られているそうです。でも、乳製品だけではなくて、犬好きには嬉しいサービスがたくさんあるのでご紹介します。

ここには、ワンちゃん用に「ドッグカフェ」「ドッグガーデン」「ドッグショップ」「マイクロシャワールーム」の施設があります。ドッグガーデンで遊びまわって泥んこになったワンちゃんでもマイクロシャワーで洗えるので便利です。また、犬専用のお風呂もあります。

ドッグカフェはワンちゃん同伴で食事ができます。ワンちゃん用も「ロールチキン&カボサラダセット」「野菜畑煮」「ポークハンバーグ&ポテサラプレート」「きまぐれオムレツ」などワンちゃんが喜びそうなものがあります。また、ドッグカフェだけでなく、バーベキュー施設でも犬同伴OKの場所があります。

更に、成田ゆめ牧場には「VIPワン会員」(入会金無料)というものがあります。この「VIPワン会員」になると、犬の入場回数券が購入でき、記念月(誕生月)に行くとプレゼントがもらえ、犬のキャンプ使用料が10%オフになり、平日の犬の入場料が半額になります。

また、「犬の写真コンテスト」「犬と一緒に星を眺めるキャンプ」等さまざまな、ワンちゃんのイベントのお知らせが定期的に送られてきます。特に毎月11日は「わんわんの日」としてドッグガーデンでイベントが行われます。ちなみに4月11日(水)は、被りものをしたワンちゃんに「さくらスコーン」のプレゼント(先着20頭)がありますし、5月11日(金)は「新メニュー試食会」(先着20頭)が行われます。

家族でワンちゃんと一日、たっぷりと遊んでみては如何でしょう?

ミックス犬について読者の方からお便りを頂きました。

先週、ミックス犬のことを話題にしましたが、ミニチュアダックスフンドとトイプードルのミックス犬(ダップーと言うらしいです)を脊髄軟化症で失くしたことのある女性の方からメールを頂きました。

脊髄軟化症は、椎間板ヘルニアの犬の3-6%に発症する病気でミニチュアダックスフンドやシーズー、ビーグルなどの犬種がなりやすいそうです。原因は良く分かっていないようですが、椎間板ヘルニアによる出血などによって神経細胞自体がダメージを受け、脊髄の軟化が始まると言われています。

彼女のミックス犬はダップーでしたから、ミニチュアダックスフンドの親の遺伝的形質を受け継いでしまったのかもしれません。

発症した場合、有効な治療方法はないようです。進行性の病気なので発症から急に悪化して2、3日で亡くなってしまうそうです。彼女のワンちゃんも発病から1週間もしないうちに亡くなってしまったそうです。

そのため「健康がとりえの犬にしよう、と探して探して辿り着いた」のがビションフリーゼという犬種だったそうです。

このワンちゃんは純血種で遺伝病は少なく、極めて丈夫と言うことで飼い始めたそうですが、「とても繊細な犬で直ぐに胃腸の調子を崩す。大きな病気はしないけど、細かい病気で、医者に行くことはしょっちゅう。また、ビションは膝を脱臼することが多いことも分かった」そうです。

それで「どんな犬種でも、何かしら健康に関する問題は抱えている」から「健康診断が大切なんだと強く感じて」、定期的に獣医さんに看てもらっているようです。

ピーチェックは、ワンちゃんのオシッコで簡単に検査できます。ワンちゃんの健康状態を定期的に判断するのに最適だと思います。

ミックス犬が人気だそうですが心配な点もありますね

ポメプー、ポメチー、チワックス、チワマルって何のことか分かりますか?

最近、人気のミックス犬の犬種(?)のことです。ポメプーがポメラリアン×トイプードル、ポメチーがポメラリアン×チワワ、チワックスがチワワ×ダックスフンド、チワマルがチワワ×マルチーズのことだそうです。

一昔前は「雑種」と呼んで一段下の評価でしたが、最近はミックス犬と呼ぶようになり純血種ではなくて、ミックス犬を飼いたがる飼い主さんも多いようです。現在、ペットとして人気の犬種も交配を重ねて作り上げられたものが多いですから、ミックス犬を「雑種」として差別視するのは間違っているのかもしれません。

中でも、ポメラリアンとトイプードルのミックス犬のポメプーの人気は高いそうです。ポメラリアンのパッチリとした目にトイプードルのフワフワとした毛。歩き方もトイプードルのようにトテトテとしていて、文句なく可愛いのだそうです。

更に、ミックス犬同士のミックス犬もあるようです。ポメプーとチワマルのミックスとかは、なんて呼べば良いのかもう分かりません。人気犬種の良いとこ取りを目指しているのでしょうけど、やはりやり過ぎは良くないような気もします。

ミックス犬の方が丈夫だとか、逆に弱いとか俗に言われていますが、さしたる根拠はなく、遺伝的疾患は親犬が持っているものが遺伝されるので、親の血統を遡れば判断できることもあります。純血種同士のミックス犬であれば親の血統は分かりますが、そうでない場合は心配かもしれません。

せっかく飼うのであれば、健康な子犬を長く可愛がりたいものです。ピーチェックならオシッコだけで簡単に検査できますから、子犬のワンちゃんでも痛がらせないで済みますよ。

「ペット通販」で健康な子犬を飼う

ワンちゃんをペットとして飼う時、ペットショップで気に入ったワンちゃんを選ぶことが多いと思います。中には、ブリーダーから直接購入する場合た知り合いから生まれた子犬を譲り受けることもあるでしょう。

ワンちゃんをペットとして飼う場合、感染症の予防接種が必要なのは言うまでもありません。子犬の場合、生後42日を目安に一回目のワクチンを接種おこない、生後90日を目安に二回目、更に120日を目安に3回目のワクチン接種を行います。

生後60日以上経った安定した子犬を引き渡すのが普通なので、一回目のワクチン接種はペットショップやブリーダーが行っていることが多いと思います。しかし、中には費用を惜しんでワクチン接種を行っていないペットショップやブリーダーもあるかもしれませんから、一回目のワクチン接種の確認は重要です。

子犬が感染症に掛かる場合、その感染源はブリーダーの犬舎、ペットショップへの搬入ルート、ペットショップのショーケースが殆どのようです。きちんと管理されたブリーダーやペットショップなら問題ないでしょうが、そうでないこともあるようなので、信頼のおけるブリーダーから直接譲り受けるのが一番安心かもしれません。

最近では、ブリーダーが直接「ペット通販」を行っていてインターネット経由で購入することもできるようになりました。サイトをみると父母犬の情報や血統書の公開、子犬に対する健康保証の完備等、様々な取り組みが行われていて、消費者の不安を除く努力をしています。

ワンちゃんを飼うに際して、「ペット通販」を利用するのも健康な子犬を飼うのに良いかもしれません。

1  2  3

PAGE TOP